イスタンブール情報マガジン Japonya-İstanbul

イスタンブール情報なら「ジャポンヤイスタンブール」!現地在住ライターが衣食住、観光、ビジネス、ヨーロッパとアジアの交差点「イスタンブール」の情報をお届けします。

みんな飲んでる小さな「トルココーヒー」はどんな味?

f:id:Saladoffice:20170822183744j:plain

イスタンブール・トルコでは広く一般にチャイを飲む文化が広がっています。小さなグラスなら1TL(約30円)から楽しむことができるとても気軽な飲み物です。その他によく見かけるのが今回ご紹介する「トルココーヒー(トルキッシュコーヒー)」。どんな味なのか実際に試してみました。

トルココーヒーはUNESCOの「無形文化遺産」に登録されている

トルココーヒーは2013年にユネスコの「無形文化遺産」に登録された由緒あるものです。ちなみに日本の和食も同じく無形文化遺産に登録されているので、世界規模で見るとこのコーヒーと和食は同程度に珍しく、貴重なものであることがわかります。淹れ方や楽しみ方が特徴的であることが登録された理由の1つでもあるそうです。

最も特徴的な淹れ方ですが、水から複数回煮立てていく方法が最も一般的なようです。また淹れたコーヒーはそのままカップに注ぎ入れるのではなく、上澄みのみを利用するという贅沢さも特徴的。特に淹れている時に出てくる泡は大切にされており、この気泡の中に香りがあると語るトルコ人もいます。

f:id:Saladoffice:20170822183150j:plain

味は少し濃いエスプレッソのよう、フレーバーコーヒーも人気

実際に飲んでみると、他のコーヒーよりも良い香りが立っている印象を受けました。味は少し濃い目のエスプレッソのようです。水からコーヒーを淹れる段階で砂糖を投入する方法と、ブラックで淹れてその後に砂糖を好みで入れるという2つの淹れ方があるため、方法によって、また店によっても味が変化します。またシナモンやスパイスなどを投入したフレーバーコーヒーにも人気があります。この飲み方はトルコ国内だけではなく、広く中東地域でも人気があるとのことなので、周辺諸国まで足を伸ばす機会があれば是非コーヒーを一度試してみてはいかがでしょうか。