イスタンブール情報マガジン Japonya-İstanbul

イスタンブール情報なら「ジャポンヤイスタンブール」!現地在住ライターが衣食住、観光、ビジネス、ヨーロッパとアジアの交差点「イスタンブール」の情報をお届けします。

イスタンブール国内線乗り換え①〜アタチュルク空港編〜

f:id:Saladoffice:20170831052900j:plain

大抵トルコにつく場合はイスタンブール・アタチュルク国際空港(Atatürk Havalimanı/Atatürk Airport)です。ただやはりその後わからないのは国内線の乗り方。trasitではないですが、今回は国内線の乗り方について、筆者が経験したトラブルも交えてご紹介します。

f:id:Saladoffice:20170831053705j:plainえ?チケットがキャンセル??

少し長くなりますが、少々前置きをさせてください。今回筆者は国際線からの乗り換えではなく、国内線チケットとしてイスタンブールからガジアンテップという街に行くためチケットを取りました。前日にとったこともあり、旅行会社からのメールには何やら"pending"という怪しげな文字が・・・

しかし行きは”confirmed”と書いてあるのでとにかくサビハ・ギョクチェン空港(Sabiha Gökçen Uluslararası Havaalanı)へ向かいました。朝8:00の便ということで念のため6:40に空港には到着。(イスタンブール・タクシムから空港までは約1時間。詳しくはHAVABÜSの時刻・乗り方をまとめていますのでご覧ください)チェックインカウンターに並ぶこと15分ほど。

”あなたの予約が見つかりません”

”え・・・そんなはずはない。だってconfirmedって書いてるじゃん"

"いや、でもないから、空港会社の窓口に言ってごらん”

なんと原因不明ですがやはりキャンセルされていたことがわかったのは窓口に並んでさらに10分たってからのことでした。朝早くから行ったのに・・・と気分は下がる一方でしたが、せめてもの救いだったのはチェックインカウンターの真横にPEGASUS航空とTURKISH航空のチケット窓口があったこと、そのスタッフの方々が親切に対応してくださったことでした。チケット関係は今回のように各航空会社の窓口の方に頼る方が詳しいのでオススメかもしれません。また改めてpendingと書かれたチケットは要注意です!!!筆者のように落胆しないためにはまず確認されることをオススメします!

f:id:Saladoffice:20170831054142j:plain

え?空港が違うって?!

しかし、どうしても友人に会いにガジアンテップに行かなければならない状況は変わらず・・・どうしようと悩んだ挙句、もう全てキャンセルされているのならもう一度取ってしまおう!ということで、すぐに違うチケットをwebより申し込みました。

チケット予約完了!

今度こそ!と願いながらターキッシュ・エアラインのチケットカウンターへ。チケットは有効。ほッとしたのも束の間。次の瞬間に待っていたのは、「だけど、空港が違うわ。」という言葉でした。

「えええええ!!!!」

なんとターキッシュ・エアラインを使う場合多くはアタチュルク空港でした!筆者の場合、まだ出発まで3時間以上あったので良かったですが、急いでいると見落とす可能性があるので注意してください!(怖かったのでタクシーに乗りましたが、、、)※なおタクシーでアタチュルク空港まではだいたい160~180TL=4800~5000円程度かかりますので、やはり時間がある場合は公共交通機関をオススメします。

アタチュルク国際空港(Atatürk Havalimanı/Atatürk Airport)

やっとの思いでついたアタチュルク空港。

最初の注意点は国内線の場所です。国際線と国内線は繋がっていますが、少し離れているのでご注意(徒歩15分くらい)。タクシーでは最後国際線と国内線が分岐しているので、予め運転手さんに国内線であることを伝えておきましょう。

チェックインカウンターを抜けるとすぐに、フードコートが併設された搭乗ゲートになています。席数は多くありますので、ここで食事を取るのも良いと思います。

f:id:Saladoffice:20170831055301j:plain

f:id:Saladoffice:20170831055353j:plain

f:id:Saladoffice:20170831055452j:plain

またスターバックスも中に併設されておりフリーwifiがあるので、パソコンなどの作業をするのにもぴったりです。さて、そんなこんなで迎えた搭乗は、110番ゲート。こじんまりとしている国内線ですが、搭乗ゲートは約10箇所に分かれているので先に確認しておくのがオススメです。トイレも下の階にあるので、慌てず探してみてくださいね。

f:id:Saladoffice:20170831060528j:plain

トラブル満点の初の国内線となりましたが、なんとかその後友人にも会え、無事に帰ってくることもできました。ここまでトラブルに巻き込まれることも稀だと思いますが、ぜひこの記事がトラブル対処のお役に立てたら嬉しいです。