イスタンブール情報マガジン Japonya-İstanbul

イスタンブール情報なら「ジャポンヤイスタンブール」!現地在住ライターが衣食住、観光、ビジネス、ヨーロッパとアジアの交差点「イスタンブール」の情報をお届けします。

イスタンブールの夏は海で!Kumköyの「Non Stop Beach」で楽しもう!

f:id:Saladoffice:20170830161758j:plain

トルコには大まかに四季があり、暑い夏も雪の降る冬もある国です。夏といえばやっぱり海!イスタンブール中心部に住んでいると海岸にはなかなか出会えないのですが、今回は少しだけ足を伸ばしてKumköyという場所にある「Non Stop Beach」へ行ってきました!

 イスタンブール中心部から約1時間で到着できるビーチへ

f:id:Saladoffice:20170830101433j:plain

f:id:Saladoffice:20170830101432j:plain

イスタンブールの中心部に住んでいると、海は毎日見ることができても「海に入る」ことは意外とできないのです。夏ももうすぐ終わってしまうということで、今回はイスタンブールのビーチへ訪れました。ボスポラス海峡の水は比較的きれいで、中心部から少し離れた駅の海沿いでは海に飛び込んでいるトルコ人の方を見かけることもあるほど。これからも水の美しさは保たれてほしいと感じます。

今回訪れたのは「Non Stop Beach」という何とも元気な名前のビーチ。ヨーロピアンサイド、都心の中心地であるタクシムやレベントからは、メトロを利用して終点のハシオスマン駅まで移動し、そこからはバスに乗車します。移動時間は片道1時間程度。意外と手軽に訪れることができるのも魅力かもしれません。

Non Stop Beachは入場料を支払うシステムになっており、平日20TL(約600円)、土日祝は35TL(約1,050円)とそこまで安くはありません。ちなみに上の写真の右側は、Non Stop Beachの手前にある少し狭いビーチの料金なのですが、こちらにはビーチパラソルなどがないため、できるだけ手ぶらで行きたい方は値段が少し張ってもNon Stop Beachへ訪れましょう。

バケーション気分が楽しめるビーチの景色

f:id:Saladoffice:20170830101425j:plain

f:id:Saladoffice:20170830101435j:plain

 ビーチに到着すると水の透明度にまず驚かされます。日本の関東一円のビーチではまず見ることのできない美しさは癒やし。また、日本のビーチとは異なり入場料を支払っていればビーチベッドやパラソルの利用は無料です。小さな海の家のようなお店も営業していて、現地の食事であるキョフテ(牛肉のミートボールのようなもの)や、ビール、スナック等が販売されています。

トルコはサッカーが人気な国であるため、ビーチサッカーを行っている方が少なくありません。もし読者の方でNon Stop Beachにお越しの方がいらっしゃれば、近くの売店で是非サッカーボールを1つ買ってみて下さい、必ず誰かが声をかけてくれ、即席ビーチサッカーが始まりますよ!

今回はイスタンブール郊外、1時間程度で到着できるKumköy地区のNon Stop Beachをご紹介しました。夏に海に行きたいと思ったら、是非足を運んでみて下さい。