イスタンブール情報マガジン Japonya-İstanbul

イスタンブール情報なら「ジャポンヤイスタンブール」!現地在住ライターが衣食住、観光、ビジネス、ヨーロッパとアジアの交差点「イスタンブール」の情報をお届けします。

イスタンブールのストリートフード①焼き・茹でトウモロコシ

f:id:Saladoffice:20170830161838j:plain

イスタンブールの街を歩いているとたくさんの露店に出会います。そしてその中には観光でも在住していても、便利で使い勝手のよいものもいくつか存在します。今回はイスタンブールのストリートフードシリーズの第一回として焼き・茹でトウモロコシについてご紹介します。

 イスタンブールの街でたくさん見かける露店

イスタンブールでは、公園や広場、一般的な歩道に至るまで、空いているスペースで商売を行っている人をよく見かけます。その中で観光や在住者の日常生活に便利なものの1つが「ストリートフード」。実はたくさんの種類があるので、今回は第一回としてトウモロコシをご紹介しています。

トウモロコシは基本的に焼き、茹ででの2種類が1つのワゴンで準備されています。相場は3TL(約90円)ですので、観光で訪れて仮に10TLなどと言われたら、それは間違いである可能性が高くなります。現地の相場を知っていることが適切な価格を支払って楽しく観光する秘訣でもありますね!下の写真は実際に見つけた茹でトウモロコシの様子です。f:id:Saladoffice:20170830161823j:plain

トルコ流「塩」はかけられすぎ注意!

トルコの食事は本当によく塩とオリーブオイルを使います。筆者は今回、実際に茹でトウモロコシを買った際、「塩をかけるか」と聞かれなんとなくお願いしてしまいました。その結果、かなりの塩がかけられてしまい、しょっぱすぎる茹でトウモロコシが完成・・・。日本人の感覚とトルコ人の味覚は近いことが多いものの、塩に関してはトルコ人のほうがかなり好む傾向にあります。もしトウモロコシに塩をかけたい場合は、自分で調節しながらかけることをおすすめします。

f:id:Saladoffice:20170830161829j:plain

街を歩いていたり、仕事の帰りにお腹が空いた時に便利なストリートフード。今回はその中でもトウモロコシをご紹介しましたが、次回以降もたくさんの食べ物をご紹介していきます!