イスタンブール情報マガジン Japonya-İstanbul

イスタンブール情報なら「ジャポンヤイスタンブール」!現地在住ライターが衣食住、観光、ビジネス、ヨーロッパとアジアの交差点「イスタンブール」の情報をお届けします。

イスタンブールの中心地で釣りを楽しもう!

f:id:Saladoffice:20170911190213j:plain

皆さんは今まで何度釣りに行ったことがあるでしょうか?釣り好きの方でなければ、ほんの数回、一回も行ったことがないという人も珍しくはないと思います。ボスポラス海峡に囲まれたイスタンブールでは、釣りはとっても身近なアクティビティです。今回はイスタンブール中心地で釣りができるおすすめスポットや道具の相場をお伝えします!

ガラタ橋は毎日釣り人で大賑わい

東京に住んでいた頃、遊びに行くのに「釣り」という選択肢はありませんでした。海釣りにしても川釣りにしても、行く場所を決めて、釣りスポットの利用料金を調べて、道具や持ち物を揃えて…。思い立ってから実際に行動に移すまでにけっこうな時間と手間がかかり、諦めることもありました。しかし、イスタンブールでは新市街と旧市街の間にあるガラタ橋、エミノニュエリアが釣り人の人気スポットなので、観光地や繁華街から簡単に行くことができます。

f:id:Saladoffice:20170911190913j:plain

手ぶらで行っても楽しめる

ガラタ橋で釣りをする際、特別な装備や器材を持っていく必要はありません。釣り竿や釣り具、エサなどは全てガラタ橋の上で、釣りをしているおじさんから購入することができます。(発泡スチロールを机にしたような簡単なお店です)釣り竿は日本円で大体2000円前後、糸やおもりなどの釣り具を含めても3000円もあれば十分なセットを買うことができます。エサは大体100円です。地元の人は釣れた魚を空きペットボトルやヨーグルトが入っていた容器(トルコではヨーグルトが1~2キロという単位で売られています)に入れていたりと、なんともカジュアル。海を眺めながらリラックスしたい日はぜひ訪れてみてください!