イスタンブール情報マガジン Japonya-İstanbul

イスタンブール情報なら「ジャポンヤイスタンブール」!現地在住ライターが衣食住、観光、ビジネス、ヨーロッパとアジアの交差点「イスタンブール」の情報をお届けします。

イスタンブール中心部から空港直通の高速バス「HAVABÜS」

f:id:Saladoffice:20170818164908j:plain

イスタンブールへ観光で訪れたり、現地に出張等で訪れる場合、空港から市街地の異動が必ず発生します。様々な方法で移動することができるのですが、今回はその1つである高速バス「HAVABÜS(ハバタシュ)」をご紹介します。

快適なバスで空港⇔イスタンブール市内を移動!


今回筆者が実際に乗車してみたハバタシュはタクシムからサビハギョクチェン空港までのルートです。イスタンブールには2つの大きな空港があり、国際線の多くはアタテュルク国際空港、LCCなどはサビハギョクチェン空港を利用していることが多くなっています。2つの空港の場所は離れているので、間違えのないように事前に確認しておきましょう。

 

f:id:Saladoffice:20170818164844j:plain

 

海外のバスというと車体の質が気になるとことではありますが、ハバタシュは日本の高速バスと同等程度の非常に清潔な車内になっています。一方日本との違いとして、車内にトイレ設備は付いていません。

運賃は日本のバスとは異なり、乗客が着席した後に担当者の方が集金に回ってきます。値段は15TL(約450円・2017年8月現在)となっています。タクシーで向かうと5倍程度の値段になることが予想されるので、非常に安く快適に利用できるハバタシュはおすすめです。

 

f:id:Saladoffice:20170818170033j:plain

 

ハバタシュ利用時には時間的な余裕を持とう

一方でバスの欠点としては、時間帯によってイスタンブールの渋滞に巻き込まれてしまうことが挙げられます。所要時間はタクシムからサビハギョクチェン空港の場合約1時間です。しかしながら今回の場合日曜日の昼間、タクシム→空港の条件で約50分だったのに対して、日曜日の夕方空港→タクシムは1時間30分程度かかりました。ハバタシュは時間的な余裕を持って利用することが大切です。

 

ハバタシュのWEBサイトには時刻表も掲載されています。「出発時間5分前には集合するように」との記載もありますが、実際には5分〜10分程度遅れての出発となることもあるため、この点でも時間的な余裕が必要になります。

ハバタシュのWEBサイト
HAVABÜS

時刻表ページ
http://www.havabus.com/yolcuservisi/taksim-ataturkhavalimani.aspx

またタクシムでの乗り場ですが、大通りから「Point Hotel Taksim」を正面に見て右手に少し進んだ辺りにあります。タクシーでこの場所に向かう際には「Point Hotel Taksim」といったん告げて現地に向かいましょう。以下で地図もご紹介します。

HAVATAŞ Taksim durağı - Beyoğlu, İstanbul

 

イスタンブールには様々な公共交通機関がありますので、今後もそれぞれについてご紹介していきます!