イスタンブール情報マガジン Japonya-İstanbul

イスタンブール情報なら「ジャポンヤイスタンブール」!現地在住ライターが衣食住、観光、ビジネス、ヨーロッパとアジアの交差点「イスタンブール」の情報をお届けします。

鮮やかな文化の交差点。イスタンブールの街並みをチェック!

f:id:Saladoffice:20170818174111j:plain

イスタンブールはボスポラス海峡が南北に走るヨーロッパとアジアの分岐点として知られています。様々な文化・人種・宗教が混ざり合って形作られた独特の街並みに目を向けてみると、その美しさに気づくはず!今回は写真でその雰囲気をお伝えします。

 アジアとヨーロッパの交差点「イスタンブール」

f:id:Saladoffice:20170818174849p:plain

 

イスタンブールは歴史的にも要所として度々登場する地域であり、その理由の1つがボスポラス海峡にあります。アジアとヨーロッパを隔てるこの海峡の存在は、シーレーン防衛など軍事的な観点からも注目されてきました。非常に美しい景観が広がることから、この海峡を見るために現地に訪れる方もいるほどで、是非一度は皆さんにもご覧頂きたい場所です。

このような環境と長い歴史の中で、様々な文化がこの土地に流入し、根付き、そして新しい形に変化しながら現在に至っており、その様子は街並みにも見ることができます。

ボスポラス海峡の青と緑のコントラスト

ボスポラス海峡は大海原に通じる場所で、たくさんの船が毎日航行しています。この場所では観光向けのクルージング、国内の中長距離移動用フェリーなどがあり、海峡の上から陸地を見渡す景色も素晴らしいものがあります。時間帯によっても表情が変わるので、見逃せないスポットの1つです。

 

f:id:Saladoffice:20170818175459j:plain

 

アジア・中東の雰囲気を感じる建物と大通り

ボスポラス海峡の西側、ヨーロッパ側であっても大通りの雰囲気にはどこか中東の色を感じることがあります。この写真はイスティクラル通り。タクシムからシシャネ、エミノニュ方面へ向かう人気スポットです。建物もヨーロッパとアジアが混ざった雰囲気を感じルノではないかと思います。

 

 

f:id:Saladoffice:20170818175506j:plain

 

イスタンブールの高い空と街並みを大きく見てみよう

イスタンブールの街並みは、一般の家の屋根がレンガのようなもので作られているので上空から見るとバルセロナのようにも見えます。小さな建物が密集して立ち並んでいるエリアを高い場所から見ると非常にきれいに見ることができるので、もしホテルの高層階などに泊まることがあれば窓の外にも目を向けてみて下さい。

 

f:id:Saladoffice:20170818175522j:plain

 

観光でも在住でも楽しめるイスタンブールの魅力

観光で訪れるとその鮮やかさが魅力的に映り、在住していると毎日発見があるイスタンブールの街並み。せっかく日本から訪れるなら、思いっきり異国の雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょうか。今後も素敵なスポットを見つけ次第、随時ご紹介します!