イスタンブール情報マガジン Japonya-İstanbul

イスタンブール情報なら「ジャポンヤイスタンブール」!現地在住ライターが衣食住、観光、ビジネス、ヨーロッパとアジアの交差点「イスタンブール」の情報をお届けします。

ボスポラス海峡を望む「オルタキョイ」ってどんなところ?

f:id:Saladoffice:20170830101412j:plain

イスタンブールはたくさんの見どころがある街です。今回はボスポラス海峡に面したヨーロピアンサイドの街「オルタキョイ」をご紹介します。海に突き出したモスクと往来する船、そして日曜日には雑貨店も見られる活気のあるエリアです。

ボスポラス海峡の美しい景色を楽しめる場所「オルタキョイ」 

イスタンブールにはたくさんの観光地や街ががあり、それぞれが魅力的。今回はその中でも有名な場所の1つである「オルタキョイ」をご紹介します。オルタキョイはイスタンブールのヨーロピアンサイドにある海沿いの地域で、対岸にアジアサイドを見渡すことができる好立地です。この場所は他の観光地と比べるとコンパクトにまとまっているので、全体を見学するのにそこまで長い時間はかかりません。

アクセスはタクシム方面からバスに乗って現地まで行く方法が最も一般的かと思いますが、多くのバスが乗り入れている地域なので現地に辿り着く方法は復数あります。週末にはオルタキョイ周辺の道が大変混み合うので、時間には余裕を持って訪れて下さい。

f:id:Saladoffice:20170830101414j:plain

週末は手作りアクセサリーの露店が多数出店!

オルタキョイはボスポラス海峡にかかる大橋、海に突き出しているモスク、更にクルージングに利用されている大型の船などが相まって、独特で美しい景色を頼むことができるスポットです。週末に現地を訪れると、アクセサリー、ジュエリー、お土産、雑貨など、手作りのグッズを扱う小さなテントが多数出店します。特に女性にはおすすめの催事なので、是非訪れてみて下さい。

今回はイスタンブールのヨーロピアンサイドにあり、アジアサイドへ向かう大橋のたもとにある地域「オルタキョイ」をご紹介しました。Japonya-İstanbulで特集してほしい地域などがあれば、いつでもお気軽にこちらからご連絡下さい!