イスタンブール情報マガジン Japonya-İstanbul

イスタンブール情報なら「ジャポンヤイスタンブール」!現地在住ライターが衣食住、観光、ビジネス、ヨーロッパとアジアの交差点「イスタンブール」の情報をお届けします。

カドゥキョイの賑わう表通りと骨董が並ぶテルラルザーテ通り

f:id:Saladoffice:20170830101419j:plain

前回の記事ではボスポラス海峡を渡るために利用できる船(フェリー)をご紹介しましたが、ヨーロピアンサイドのべシュクタシュから、アジアサイドのカドゥキョイに移動すると、雰囲気が違い新鮮さを感じることができます。今回は賑わう表通りと、骨董品が並ぶことで知られるテルラルザーテ通りをご紹介します。

アジアサイドの入り口「カドゥキョイ」 は人々で賑わう街

以前の記事でヨーロピアンサイドから船でカドゥキョイへアクセスする方法をご紹介しましたが、今回はカドゥキョイの街についてご紹介していきます。カドゥキョイはアジアサイドの玄関口となっている街の1つで、週末になると多くの方が訪れることでも知られているイスタンブールの人気スポットです。船を降りるとすぐにメインストリートが始まり、まるで竹下通りのような光景が広がります。ここにはトレンドに敏感なトルコの方々が多く集まっており、ファッション、雑貨、スマートフォンのカバーに至るまで、カラフルなお店と商品が数え切れないほど並んでいます。

f:id:Saladoffice:20170830161548j:plain

カドゥキョイのおしゃれなカフェ、骨董通りも楽しんで

また、チェーン店以外にもたくさんのカフェがあり、どれも思考を凝らした店舗になっているので外観を見学させてもらうだけでも十分楽しい時間になると思います。カドゥキョイは比較的広い地域なので、見て回っていると少し疲れてくることもあると思います。また、道が細めで入り組んでいる場所もあるので、もしお気に入りのカフェが見つかったら入ってしまって良いかもしれません。

更にカドゥキョイには有名な骨董通り「テルラルザーテ通り(Tellalzade)」があります。ここには冒頭でご紹介しているような、蚤の市に似た店舗がある他、かなり高級そうなアンティーク家具のお店、古いレコードやカメラを集めているお店など、個性豊かな店舗の数々が独特な雰囲気を作り出しています。テルラルザーテ通りは若者がたくさん訪れる場所ではないので、メイン通りから少し離れてゆっくり見て回りたい方にもおすすめのスポットです。

f:id:Saladoffice:20170830161608j:plain

ちなみにカドゥキョイには傘を使ったアートの通りもありました。Instagramなどに人気が出そうな場所ですね!カドゥキョイにはこういった場所が数多くありますので、アートや写真に関心がある方には親和性の高い地域になっているかと思います。

今回はイスタンブールのアジアサイドにあるカドゥキョイという街の雰囲気をご紹介しました。この地域まで足を伸ばして後悔することはない、興味深い場所でした!